宿泊予約公式サイトからのご予約が最もお得です

宿泊予約

公式サイトからのご予約が最もお得です

宿泊施設
チェックイン
YY/MM/DD
チェックアウト
YY/MM/DD
大人
子供 11歳以下
6歳以下
人数

公式サイトからのご予約が最もお得です

宿泊施設
チェックイン
YY/MM/DD
チェックアウト
YY/MM/DD
出発空港
到着空港
人数選択

公式サイトからのご予約が最もお得です

閉じる

おすすめTOPICS

旭川市民の目線で春の訪れを感じる「春のうかれさんぽ」

旭川市民の目線で春の訪れを感じる「春のうかれさんぽ」

雪国旭川の街なかで春を見つける、うかれさんぽ

OMO7 旭川のスタッフは、約9割が旭川と周辺地域の出身。
そんな地元民が考えた「旭川らしい春の体験」、それが今回ご紹介するOMOグリーンと巡る「春のうかれさんぽ」です!

旭川は、北海道の中でも特に気温の低いエリアとして有名。
冬になると、雪が降り積もり厳しい寒さに覆われます。
そのため、雪が解けると「開放された気持ち」になり、春の訪れとともに皆浮かれはじめるのです!

また、より「浮かれた気分」を体験いただくために、普段身に着けない「花の冠」と「花スティック」を特別にご用意!
このアイテムを身に着け、OMOグリーンと一緒に旭川らしい春を見つけながら、最高に浮かれた気分になってみませんか?

浮かれる4つのポイント
1.面積が増えていくアスファルト
旭川は12月中旬から3月下旬まで道路は雪で覆われるため、雪が解けるとオートバイや自転車の整備、自動車のタイヤ交換をします。冬用のブーツをしまい、短靴(たんぐつ)と呼ばれるスニーカーなど丈の短い靴でアスファルトを踏むことや、雪解けが進みアスファルトの面積が増えていく様子を見たりして、ますます春を感じ浮かれ始めます。

2.順序関係なく咲く花
本州では2月後半から4月にかけて梅・桃・桜と順に咲きますが、旭川では気温が上がる4月中旬から5月下旬の約1ヶ月で花が一斉に咲きます。「春のうかれさんぽ」では桜・ツツジ・チューリップ等をご覧いただけます。

3.ブランコやベンチが出現する公園
初雪から約5ヶ月間、旭川の公園は雪に閉ざされます。春を迎えるまでブランコのいすは外され、水飲み場はブルーシートで覆われます。春になり雪が解けると、現れた遊具に子供たちは喜び、春を感じます。大人は雪で埋もれ座れなかったベンチに座ることで、春の訪れを感じます。

4.浮かれアイテムでさらに浮かれる
「春のうかれ散歩」の正装はコレ!本ツアーは「花の冠」を被り「花スティック」を持って出発します。普段身に着けないアイテムを身につけることで、さらに気持ちが浮かれます。

「春のうかれさんぽ」概要
期間:2019年4月15日~5月31日
時間:15時半~16時半
定員:10名(1名から催行)
料金:無料(カフェでの飲食代は含まれていません)
申込:こちらからご予約ください
※当日の15時半まで受付

今回ご紹介したスポット