宿泊予約公式サイトからのご予約が最もお得です

宿泊予約

公式サイトからのご予約が最もお得です

宿泊施設
チェックイン
YY/MM/DD
チェックアウト
YY/MM/DD
大人
子供 11歳以下
6歳以下
人数

公式サイトからのご予約が最もお得です

宿泊施設
チェックイン
YY/MM/DD
チェックアウト
YY/MM/DD
出発空港
到着空港
人数選択

公式サイトからのご予約が最もお得です

閉じる

おすすめTOPICS

夏の大雪山 旭岳

夏の大雪山 旭岳

日本百名山のひとつ、旭岳

豊富な高山植物や絶景が楽しめる人気スポット

北海道のほぼ中央に位置する大雪山連邦の主峰・旭岳。
標高2291メートルのこの山は「日本百名山」にも選ばれている人気のスポット。
1年中楽しむことができる旭岳の夏は5合目まで移動ができるロープウェイを使った日帰り登山がおすすめです。

旭岳ロープウェイは、標高1,100m山麓駅(旭岳温泉)から旭岳の5合目にあたる標高1,600mの姿見駅まで約10分の距離。
車内では周囲の山々や自然環境などのアナウンスが流れ、車窓から見る森林限界の境界を越えた絶景と大雪山のパノラマと合わせて鑑賞できます!

旭岳のみどころ

姿見の池
昔、旭岳が大噴火をした時に山頂が崩落し噴火口が大きく陥没をした部分に雪解け水や雨水がたまり誕生をした「姿見の池」。
ロープウェイを降り、山頂まで続く散策路を歩くと姿見の池が見えてきます。
青い空が見える晴れた日の水面に旭岳を映す姿は名前の通り、絶景ポイント。

夏にしか見ることのできない、高山植物
6月から雪が融けはじめると、あっという間に夏山に移り変わります。
8月中旬頃までは姿見の池周辺に咲き誇る高山植物がビューポイント。
この時期にしか見られない、キバナシャクナゲ、チングルマなどの群落などを見ながらの散策がおすすめです。

高山植物について詳しく知りたい方は、「大雪山国立公園連絡協議会公式サイト」をご確認ください。

ランチには地元グルメを

OMO7旭川に戻る前にロープウェイ 山麓駅にある食堂のランチがおすすめです。
人気の地元東川産の野菜ゴロゴロカレーやカツをのせたラーメン、煮込みホルモンのラーメンなど、地元の味は散策後のお腹を満たしてくれます。

モデルコース

9:20 / ホテル前バス停(6条9丁目)から出発

11:21 / 旭岳到着
ロープウェイに乗車し、山麓駅~姿見駅 姿見の池まで散策

14:30 / 山麓駅 食堂で少し遅めのランチ

15:30 / バスにて大雪山旭岳を出発

17:21 / OMO7 旭川前バス停に到着
夕食は、OMOレンジャーと一緒にご近所を楽しむガイドツアーへ!

OMO7 旭川から旭岳のバスは、こちらをご確認ください。
*「6条9丁目」が、OMO7 旭川前のバス停となります。

旭岳温泉

少しゆっくりしたい方には、勇駒壮の日帰り温泉もおすすめ!
湯船に浸かれば、散策で疲れた身体が癒されます。

神々の湯
受付時間 12:00~19:00(20:00までの営業)
ご利用料金 大人 / 800円、子供(小学生) / 350円、幼児(小学生未満) / 無料

ユコマンの湯・シコロの湯
受付時間 13:00~16:00(17:00までの営業)
ご利用料金 大人 / 1,500円

勇駒壮の公式サイトはこちら

今回ご紹介したスポット