宿泊予約公式サイトからのご予約が最もお得です

おすすめTOPICS

サウナ プラトーに新サービス登場!

サウナ プラトーに新サービス登場!

コロナ禍における健康法として注目されているサウナを、より満喫できるための新しいサービスをご紹介

コロナ禍で自粛生活も長引いている中、サウナは免疫細胞が修復され、活性化し、免疫力を高めると、コロナ禍において注目されている健康法の一つと言われています。

最近ではキレイになる場所として女性のサウナ愛好家もいるほど。そんな健康維持やリラックスを目的にサウナをさらに楽しめるよう、サウナの北の聖地「サウナプラトー」をパワーアップしています。

「サウナプラトー」営業概要
営業時間:15:30~24:00(最終受付23:30 / 年中無休)
ご入浴料金:ご宿泊のお客様 無料
※日帰り入浴は行っておりません

新サービス1 サウナ室に「ヴィヒタ」を導入

ヴィヒタとは、白樺の若い枝葉を束ねたもの。バスルームやサウナ室内に吊るしたり、リラクゼーションを目的にヴィヒタで身体を叩いたり押したりする「ウィスキング」に使用します。フィンランドでは、2000年前からヴィヒタが習慣化されており、体をイキイキさせ、リラックスすることができると言われています。

サウナプラトーでは、高温サウナとミストサウナの両方にヴィヒタを導入。白樺の心地よい香りが広がる、癒やしの空間をお楽しみください。

新サービス2 プラトーオリジナルのサウナハットが登場

サウナハットは、髪の傷みや、のぼせるのを防ぐサウナ室で被る帽子です。今回のパワーアップを機に、プラトーから徒歩2分の帆布のアウトドア用品ショップ「MICHI-HITO」さんとコラボレーションして、オリジナルのサウナハットを制作しました。

通常、サウナハットはウールで作られることが多いのですが、帆布製なので、断熱性が高く、洗って繰り返し使用できます。このサウナハットは、フロントでレンタル(500円・税込)とショップで販売(5,500円・税込)します。

新サービス3 サウナにまつわるサービスがパワーアップ

サウナを満喫したあとは、サ飯を楽しむのが”通”。サ飯とは、サウナ後に食べるごはんのことで、サウナに併設される飲食店やその周辺にある飲食店で楽しみます。

旭川には、約2,000軒の飲食店があり、サ飯の選択肢も無限大!「ゆずねぎ塩ラーメン」や「とりの燻製」など地元のサウナ好きに聞き込み調査を行って厳選したおすすめの逸品を「サ飯マップ」で全6品紹介します。

楽しみ方|サウナ プラトーおすすめの「ととのう」作法

①サウナの前に、洗い場で身体を洗ってリフレッシュ。

ご入浴前の水分補給もお忘れなく。

②旅の疲れを癒すように5分ほど、まずは身体を温めます。

手足を伸ばして寛げる42℃のバブルバスで、最初に身体を温めます。
浮力を感じてくつろぐことができる寝風呂もおすすめです。

③身体をよく拭いてから入り、 5~15分ほど汗を流します。

男湯は90℃以上、女湯は76℃の高温(中温)ドライサウナです。5~10分を目安にしっかりと汗を流します。

時間をかけて汗をかきたい方にはミストサウナもおすすめ。
48℃の低温サウナで、霧状に発散された蒸気が満ちており、椅子の上には水が流れているので
身体への負担は少なく、ゆっくりと汗をかくことができます。

④桶で水をすくって体にかけて、慣らしながら1分ほどクーリング。

サウナ プラトーの水風呂は15℃以下の低温にこだわっています。
バイブラ(泡が出る)水風呂でシャッキリとクーリングすることができます。

⑤火照った身体を、ゆっくりとヒーリング。心と身体を落ち着かせます。

椅子に腰かけ、「ととのう」時間を味わいます。

ゆったりと心と身体がリラックスしてきたら、広々ウォーキングバスで歩行浴をしてヒーリング。
水温32℃の水温で腹部までの高さがある大きな浴槽です。

水分補給をしたら、サウナで汗を流すところから、2~3回ほど繰り返します。

入浴後のリラックスタイムをお楽しみください。

ドリンクバーやテレビ付きリクライニングチェアがそろった男女兼用のラウンジです。
入浴後にゆったりくつろぐことができるスペースです。

「サウナ プラトー」の感染防止対策

サウナ プラトーについて、一時営業を見合わせておりましたが、以下の対策を踏まえ、営業を再開いたします。

安心してととのう時間。
1 サウナ内の混雑状況をお客様自身で確認できるスマートフォンアプリをご提供
2 日帰り入浴の受け入れを取り止め、宿泊者のみのご利用とすることで利用者数を限定
3 ロッカーやくつろぎスペースの間引きによるお客様同士の距離の確保、除菌清掃の徹底

安心してお過ごしいただけるよう努めて参ります。