宿泊予約公式サイトからのご予約が最もお得です

おすすめTOPICS

ローカル線の旅気分を味わえる!

ローカル線の旅気分を味わえる!

もっとテンションのあがるお部屋になりました!

大塚は、東京都内では珍しい路面電車の都電荒川線が走る街であり、100年以上長く街の人々に愛されてきました。
OMO5東京大塚では、街のシンボルである都電を身近に感じられる「都電ルーム」を2018年から始めました。

「都内に住んでいるけど、東京に路面電車があることを初めて知り、新たな東京の一面を知ることができた。」「客室の窓から都電が走る姿や音を間近で見聞きしながら、電車好きの子供と一緒にゆっくりとホテル滞在を楽しめた。」と多くのお客様にご好評いただき、もっと都電の魅力を体感できるお部屋にパワーアップすべく、この度リニューアルしました。

■ 都電ルームのご予約はこちら

都電や沿線にゆかりのあるシンボルをデザイン

客室に入ると、はじめに目に飛び込んでくるのは、都電が描かれたロールカーテン!
カーテンを上げると…クッションや壁紙から、カーペット、バスルームやベッドの周りにまで都電に囲まれ、まるで都電王国に入った気分になります。

また、都電に乗った時のワクワク感や、沿線のレトロで温かい雰囲気、都電の中で見えてくる人々が行き交う様子などをデザインに反映させて都電ルームならでの雰囲気を演出しました。

まるで運転士さん気分になれるソファ

ソファの背もたれには、操縦レバーやボタンを模した飾りがついたクッションがあり、運転室から見える景色が描かれている壁紙は、まるで運転士さんになって運転をしているような気分になります。では、運転士さんの帽子をかぶって出発!

他にもお部屋の中には、実際に都電で使われていたつり革や降車ボタンもあるので、家族で電車ごっこも楽しめます。
さらにカーペットにも線路がデザインされているので、電車の模型を走らせたり、車両型クッションにまたがって乗ったりと、何通りもの遊び方ができるのも都電ルームならではです。

都電ビューのお部屋でとことん都電を観察

窓から都電を眺められるのもこの客室ならでは。なんと、都電の線路と踏切 を上から見ることができます。
窓のそばには、時刻表を用意しているので、都電が来るタイミングを逃しません。
都電が走るガタンゴトンという音を聞きながら、チェックインからチェックアウトまで、時間帯によって変わる都電の様子を楽しめます。

「都電ルーム」の滞在をさらに楽しむためのアクティビティ

街を知り尽くした「ご近所ガイドOMOレンジャー」と一緒に大塚の街の中の都電を見つける「都電さんぽ」ガイドツアーに案内します。
ご予約はこちらから前日22時まで

<参考>都電荒川線(東京さくらトラム)とは

都電荒川線は、三ノ輪橋~早稲田間(12.2km)の30停留場を運行している東京に残る唯一の都電です。
明治時代から約100年の歴史があり、2017年4月からは「東京さくらトラム」という愛称で親しまれています。
長年地域の身近な足として利用され、沿線には桜やバラなどの花の見どころや、歴史・文化に触れられる名所旧跡、生活感あふれる昔ながらの商店街など、多様で魅力あるスポットが多くあります。

<デザイン監修紹介>HIMURO DESING STUDIO inc.

テキスタイルデザイナー氷室友里氏が代表のデザインスタジオ。
織の組織設計から 自社で行い、他にはないオリジナルのテキスタイルのデザインを得意とする。
テキスタイルプロダクトのデザインをはじめ、素材開発や空間演出など幅広く手がけています。

「都電ルーム」リニューアル概要

■ 宿泊開始日:2021年9月6日
■ 料金 :1泊12,000円~(2名1室利用時1名あたり、税込、食事別)
■ 定員 :1部屋あたり3名(未就学児は定員に含まれない)、1日1室限定
■ 予約 :公式サイトのこちらより当日正午まで