宿泊予約公式サイトからのご予約が最もお得です

宿泊予約

公式サイトからのご予約が最もお得です

宿泊施設
チェックイン
YY/MM/DD
チェックアウト
YY/MM/DD
大人
子供 11歳以下
6歳以下
人数

公式サイトからのご予約が最もお得です

宿泊施設
チェックイン
YY/MM/DD
チェックアウト
YY/MM/DD
出発空港
到着空港
人数選択

公式サイトからのご予約が最もお得です

閉じる

旭川、スキー都市宣言!

「ゲレンデが近くて、いい雪さえあれば十分だね」。
もちろん、それもスキー旅の楽しみ方のひとつ。でも、せっかく旅に出るのなら、
地元グルメや観光などのアフタースキーまで、欲張りに楽しめちゃう方がいいでしょ?
北海道のほぼ真ん中に位置する旭川なら、スキー旅に求める多彩なエンターテイメントが揃っています。

周辺にはコースバリエーションに富んだスキー場が点在し、
その日のコンディションとスキーヤーのレベルに合わせて、様々な斜面を楽しむことができます。
街からゲレンデへのアクセスも充実。旭山動物園や美術館、酒蔵なども近く、
アフタースキーや悪天候の日でも旅行者を飽きさせません。

旭川はここに、「スキー都市」として、皆さんを満足させることを宣言いたします!

旭川でスキーしよう!

スキー場のイラストをクリックタップで情報をチェック!

  • カムイスキーリンクス
  • 旭岳スキーコース
  • 富良野スキー場
  • 星野リゾート トマム スキーリゾート

ビフォーアフターを充実させる
旭川のスキー旅

旭川でのスキー旅の魅力は、極上のパウダースノーだけにとどまりません。スキーのビフォーアフターには、北海道ならではの味覚と出会いを求めて、街に繰り出してみましょう。市内に点在する飲食店は、なんと約2,000軒!

北海道グルメを手頃な価格で味わえるローカルなレストランや居酒屋から、ムーディーな夜を過ごせる路地裏のバーまで、何泊しても回りきれないほどです。どこのお店に行こうか迷ったら、地元を知り尽くしたOMOスタッフに気軽にお声がけください。雪のコンディションがいい時間帯だけ滑って、午後は旭山動物園や美術館を巡るのも、大人な旭川の滞在スタイル。山にも街にも、あなたらしいラインを自由に描いてみましょう。

北海道ならではの朝食ビュッフェ!

A.M. 6:30

BEFORE!

寝ぼけ眼を擦りながら、「OMOカフェ」で腹ごしらえ。焼きたてのワッフルは、トッピング次第で スイーツ系、食事系どちらでも楽しめます。

A.M. 8:00

胃袋とスキーの準備が整ったら、いざゲレンデへ! ホテル前からバスに乗って出発!
その日の雪質でスキー場を決定!

A.M. 9:30

DURING SKIING!

色々なスキー場の中から 、今日は旭岳をチョイス!ロープウェイで標高1600mまで一気に上がると、ノートラックのパウダースノーがお出迎え。 この瞬間を求めて、世界中からバックカントリースキーヤーが集まるのにも納得です。
カフェ&ショップ SALT カフェ&ショップ SALT
靴下ショップ YAMAtune

P.M. 4:00

Break!

思う存分パウダーを味わったら、 帰り道に東川町に寄り道。 「SALT」で買ったコーヒー片手に、「YAMAtune」でソックスを物色していると、「富良野方面が良くなりそう」との情報を入手。なるほど、明日はあっちまで足を延ばしてみるか……。
東川エリアは注目のスポット!

P.M. 6:30

部屋で一休み。ブーツをスニーカーに履き替えて街へ。
ジンギスカン 大黒屋 ジンギスカン 大黒屋

P.M. 8:00

AFTER!

夜はジンギスカンの名店「成吉思汗 大黒屋」へ。ここの生ラム、一度食べてみたかったんだよね! でも、お腹を一杯にし過ぎないようにしましょう。 路地裏をウロウロ探索しながら、2軒目、3軒目へとハシゴ酒も 楽しむんだから。旭川の夜は長いのです。
明日のスキーに備えてほどほどに!
冬は雪が気持ちいいな〜

other day...

山のコンディションが悪いなら、無理せず市内観光に繰り出してみましょう。今日は旭山動物園でホッキョクグマを見て、帰りに旭川ラーメンを食べに行こうかな。この 選択肢の多さも、旭川スキー旅ならでは の魅力です。

ホテルからパウダースノーへ

OMO7 旭川は冬の取り組み第1弾として、ホテルからスキー場まで快適に移動できるよう、バスの運行を強化しました! 引き続き、みなさまの快適なスキー旅をサポートしていきます!

カムイスキーリンクス

宿泊者専用無料バス(要予約)を利用する

約35分

2018/12/22~2019/3/21まで毎日運行。(1日1往復)
[OMO7 旭川 発] 8:35 [カムイスキーリンクス 発]15:10

車を利用する

約35分

旭岳スキーコース

ホテル発着の路線バスを利用する

約110分

2018年10月より運行。(1日4往復)
[OMO7 旭川 発] 7:00、9:30、13:00、15:30
[旭岳 発] 9:30、12:00、15:30、18:00
片道1,450円でホテル前より路線バス「66番 旭川空港経由・旭岳線(いで湯号)」をご利用いただけます。

車を利用する

約60分

富良野スキー場

リゾートライナーを利用する

未定

2018年12月より運行予定。(土・日曜のみ 各1往復 予定)
※料金や時間などの詳細は現在調整中となります。

車を利用する

約80分

星野リゾート トマム

リゾートライナーを利用する

約3時間30分~45分

2018年12月より運行予定。(1日1往復)
[OMO7 旭川 発] 14:30 [星野リゾート トマム 発] 8:20
スキー都市 旭川を満喫した後は、雄大な自然に囲まれたトマムへ拠点を移し、豊富なスノーアクティビティをお楽しみいただけます。

車を利用する

約2時間10分