宿泊予約公式サイトからのご予約が最もお得です

宿泊予約

公式サイトからのご予約が最もお得です

宿泊施設
チェックイン
YY/MM/DD
チェックアウト
YY/MM/DD
大人
子供 11歳以下
6歳以下
人数

公式サイトからのご予約が最もお得です

宿泊施設
チェックイン
YY/MM/DD
チェックアウト
YY/MM/DD
出発空港
到着空港
人数選択

公式サイトからのご予約が最もお得です

閉じる

体験レポート

ノスタルジックな大塚でほろ酔い散歩

ノスタルジックな大塚でほろ酔い散歩

大塚が日本酒の聖地となった火付け役のお店があると聞きつけ早速電話で予約!大塚ほろ酔い散歩にGo!

ほろ酔い散歩のスタート前に、4FのOMOカフェでまずは乾杯!

YAGURA ROOMで休憩した後は、OMOベースにあるOMOカフェでビール!香りのいいヨナヨナエールでエネルギーをチャージ。もう一杯飲みたい気持ちだったけど、今日は大塚で飲む!と決めていたので、我慢。
スタッフの方曰く大塚は、「日本酒の聖地」とのこと。え?!米どころでもないのに??と疑問がフツフツ。

「聖地」を感じることができるお店があると聞いたら、行くっきゃない!!いい情報もゲットできて、なんだか幸せな夜の始まりを感じさせる大塚飲みスタート!

日本酒の秘密基地「串駒 本店」へ

「やっぱり日本酒がうまい!」の看板を発見しただけでなんだか、ワクワク(^ ^)日本酒の知識が乏しい私だけど、女将さんにオススメを聞いて乾杯にふさわしい日本酒をチョイスしてもらいます。この日は串駒のスタッフ自ら蔵元へ出向き、手汲みでいれてきた日本酒をオーダー。
なんでも、この女将さんの旦那さんは大塚に地方銘酒を広めた立役者とのこと!店内の写真に飾られている写真には、長髪にお鬚と、まるで仙人のようないで立ちのご主人が。いまでは、ご主人の意思を女将さんが引き継ぎこのお店を守っているそう。
スタッフさんが蔵元を尋ねて、生酒を瓶に詰めてお店に持って帰るなどご主人の意思はしっかりと引き継がれている。一つ一つがまるで一品料理のようなクオリティのお通し文化も、ご主人の粋な計らいから生まれたものと聞き、なんとも感慨深い。
お酒も進み、話が盛り上がるころ、女将さんが次の日本酒をチョイスしてくださった。なんだか日本酒を嗜める大人になった気分。他愛もない会話の中に垣間見る女将さんの心遣いはまさに日本の「粋」!この女将さんにまた会いに来よう!

今宵の締めは大塚の街を映すノスタルジックなBAR

1軒目でいい気分にはなったけど、せっかくの夜だからここはもう一軒。
セレクトされたのは老舗のBAR。お店に入ると、ノスタルジックな雰囲気に期待大!1軒目で日本酒を飲んできたことをマスターに伝えると、ウォッカベースでさっぱりとしたグレープフルーツのカクテルを作ってくれた。マスターの心遣いにほろ酔いもさらに心地よく、大塚で愛される名店であることが伺える。
ダンディなマスターのオススメはウィスキー。店内にはマスター独自の入手ルートで揃えたという珍しいラインナップも並ぶ。ちなみにこの日のおすすめはアラン島(イギリス)のモルトウィスキー。アラン島を知らなかった私にはその希少価値がわからずキョロキョロ。確かに座るお隣のおじさまもウィスキーを飲んでいるではないか!これが大人のBARの嗜み方かと納得。言われてみるとマスターが英国紳士っぽく見えてきたかも!
マスターの人柄とおいしいお酒が飲めるオーセンティックバー。常連さんと交わす会話が大塚の夜をさらに盛り上げてくれること間違いなし。

串駒 本店

串駒 本店

  • 住所 : 東京都豊島区北大塚1-33-25
  • TEL : 03-3917-6657
  • 営業時間 : 18:00~24:00(L.O.23:00)
  • 定休日 : 月曜

日本酒をあまり飲んだことのない人も、日本酒大好きな人も、行く価値のあるお店。日本酒冷蔵庫には全国の蔵元から集めたお酒がぎっしり!

BAR 三番倉庫

BAR 三番倉庫

  • 住所 : 東京都豊島区北大塚2-7-5
  • TEL : ー
  • 営業時間 : 17:30~翌1:00(L.O.翌0:30)
  • 定休日 : 日曜日 祝祭日の月曜日

珍しいウィスキーからフレッシュフルーツのカクテルまで色々な種類を楽しめるので、お酒の苦手な人でも、BARに慣れてない人でも、クラッシックな雰囲気が常連のような気持ちにさせてくれるホッとできるお店。